インプラントをする

抜歯後の治療方法とインプラント

インプラントで噛む力を取り戻す

インプラントとは抜歯後の顎の骨に人工歯根を埋め込むことです。定着したら人工歯冠を取り付けます。最新の治療ですが外科的な手法ですので症例の経験が豊富な専門医を探したいものです。定期的なメンテナンスは必要になりますが、それでもブリッジや入れ歯のような毎日の取り外しや洗浄は必要ありませんし、周囲の歯に負担を掛けることもありません。インプラントなら食事に気をつけることも無く、今まで通り豊かな食生活を楽しむことができます。

インプラントのメリット

インプラントは、他の再生治療と比べると、天然の歯に最も近い噛み心地でものを噛むことができる治療です。入れ歯やブリッジといった治療とは違い、顎の歯にインプラントを埋め込みしっかりと固定されるため安定されており、健康な歯を削ったりすることなく治療をすることができるため、他の歯に対して負担を与えないということで、他の歯の寿命ものばすことができるという点でもとても大きなメリットとなります。メンテナンスも、普段のブラッシングと定期健診を受けることなので天然の歯とあまり変わりません。

↑PAGE TOP

Menu